知っておきたいメディオスターのメリット

美容クリニックで医療脱毛をしたいけれど、痛みに弱いので躊躇しているという人もいるのではないでしょうか。美容クリニックなどで用いられている脱毛機は、一般的にレーザーを使用しています。レーザーはメラニン色素の黒い色に反応するので、そのメカニズムを活かして毛根を破壊するという脱毛方法です。しかし、レーダーを使用する脱毛は、脱毛効果は高いものの、毛根が破壊された時に大きな衝撃を受けてしまいます。その衝撃によって、痛みを感じてしまうのです。また、レーザー脱毛の場合には、毛周期に合わせて施術を受ける必要があります。人の体毛は、成長期、退行期、休止期といったサイクルを繰り返しています。レーザーに反応するのは成長期にある体毛だけなので、退行期や休止期に施術を受けても効果がありません。

痛みが少なく肌へのダメージも抑えることができる

メディオスターはレーザーを用いる脱毛機とは違って、痛みが少ないというメリットがあります。レーザー脱毛は毛根を破壊する脱毛方法ですが、メディオスターは、毛根よりも浅いところに存在している発毛因子を破壊することで体毛が再生しないようにする脱毛方法です。発毛因子に対して、従来よりも少ないパワーのレーザーを10倍以上のスピードで連続して照射をします。つまり蓄熱してダメージを与えることによって、発毛因子を破壊しています。発毛因子にダメージを与える場合には肌に与える衝撃は大幅に減るので、あまり痛みを感じなくてすみます。また、照射と同時に冷却機能も働くので、肌へのダメージを抑えることができます。そのため、肌荒れや肌が赤くなってしまうといった肌トラブルを防ぐことにもつながります。

脱毛する期間を短くすることができる

レーザー脱毛の場合には成長期の体毛にしか反応しないので、それ以外のサイクルにある体毛にダメージを与えることができません。しかし、発毛因子は成長期以外の体毛にも存在しているので、メディオスターは成長期以外の体毛にもダメージを与えることができます。そのため、毛周期のサイクルに合わせた施術を行う必要がありません。脱毛にかかる期間を従来までに比べて、3割程度減らすことができます。また、広範囲の脱毛が可能なので、施術にかかる時間を短縮することも可能です。ですから忙しくて脱毛に通う時間があまりとれないという人にもおすすめできます。また、従来までのレーザー脱毛は、メラニン色素に反応するので日焼けしている肌では施術を受けることができませんでした。メディオスターはメラニン色素に反応するわけではないので、日焼けしている人でも脱毛することができます。