メディオスターとは何かをお教えします

メディオスターは、永久脱毛効果もあるといわれる医療レーザー脱毛機です。現在の美容業界でも大いに評価されている医療機器といえます。また、医療機器なのでクリニックだけの対応となり、施術は医師がおこなってくれるので安心です。脱毛時の痛みに関しても、従来の医療レーザー脱毛に比べ緩和されています。施術時間も短くて済み広範囲の脱毛を可能にしてくれます。脱毛までの回数も少なくて便利です。レーザー脱毛に向かないといわれていた肌の黒い人でも施術を受けることができ、産毛や細い毛でも脱毛することができます。このレーザー治療は、導入されてまだ時間がたっていませんが、その効果は口コミサイトなどでも高評価を得ています。高いクォリティーと高効果が期待できるレーザー脱毛機器です。

メディオスターの画期的な仕組みとは

従来のレーザー脱毛は、毛乳頭のある深部まで届くよう高出力のレーザーを照射し、毛を作り出す毛乳頭を破壊していました。そのため、脱毛による肌への負担が大きく痛みを伴ったのです。しかし、メディオスターのレーザー治療では、毛を再生させる元となる場所「毛包幹細胞」を破壊します。毛包幹細胞は、毛根よりも浅い場所にあるので低出力のレーザーでの治療が可能です。これにより肌への負担が減り、痛みが緩和されます。従来のレーザー医療では、メラニン色素に反応するレーザーでムダ毛のメラニン色素周辺に熱を蓄積しその熱ダメージで脱毛をはかっていましたが、この治療方法ではメラニンに作用することはありません。だから、肌色が黒い方や敏感肌の方でも安心して施術を受けることができます。

メディオスターが、人気のある秘密は?

この治療法で最も良い点は、なんといっても痛みが少ないことです。脱毛はしたいけれども、肌が弱くて心配だという方でも安心して施術を受けられます。肌の深層部までレーザー照射することがないので、肌への負担が少なくすみます。従来よりも低い熱でゆっくりとダメージを与えて脱毛することで、皮膚表面の温度が上がらす火傷や肌荒れの心配が少ないのです。従来では、火傷などのリスクがあるため施術できないとされていた色黒や日焼け肌の人でも施術することが可能となっています。レーザー脱毛後に毛が硬くなったと思った人もいるでしょう。それは、レーザーの熱量不足が原因かもしれません。最新のこのレーザー機器では、蓄熱式なので熱量不足になる心配がありません。そのうえ、他のレーザー機器で硬毛化した毛にも脱毛効果を発揮してくれます。